// //
list

手軽にできる!飲み過ぎ、二日酔いがラクになるツボ押しのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

忘年会、新年会、新歓コンパなどなど、お酒の席を外せない場合は社会人にとって多いものです。そんな時、ついつい勢いで飲みすぎてしまい、翌日二日酔いになってしまった・・・などという経験を持っている社会人の人は多いようですね。そこで二日酔いや飲みすぎに効果的なツボはあるのかどうかを調べてみました。

手軽にできる!飲み過ぎ、二日酔いがラクになるツボ押しのコツ

だるくて疲れが取れない・・・

こんな症状の場合は親指と手首の手首よりにあるツボ、「ぎょさい」と呼ばれるツボが効果的でしょう。指で刺激するのも良いですが、線香を近づけ、熱さを感じたら離す、という方法も効果的なので覚えておきましょう。

たいしょうというツボ

アルコールを飲んだ後は、肝臓がフル回転していますから、酢酸になり、炭酸ガスと水に分解する作業を即座に行っています。二日酔いの原因はアセトアルデヒドと呼ばれる毒性のある物質ですから、肝臓での処理が追いつかないとこの物質が血液に乗って全身をめぐり、二日酔いになってしまうのです。

そこで肝臓の機能を高めるために「たいしょう」と呼ばれるツボ押しをしましょう。足の親指、人差し指の骨の間にあるツボで、指で押すとかなり傷む場所となりますから、すぐに分かるでしょう。

やっぱり飲みすぎないのが一番?

その他吐き気を抑える「こけつ」というツボはみぞおちあたりにありますし、「そっこく」と呼ばれる耳の上あたりにあるツボも吐き気に対応してくれます。ツボ押しを覚えて二日酔いを緩和するのは良いですが、あまり度を越えて飲み過ぎないことも必要ですから、注意してお酒の量は自分の許容範囲内で飲むようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick