// //
list

喉が痛くて食べ物が飲み込めない!そんな時に食べると良い食材やレシピ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

食べ物が飲み込めない場合がありますが、そのような自体に陥る場合、大抵は高齢者を指します。または幼児などが飲み込めない場合が多いようで、離乳食が始まったばかりの頃はなかなかうまく飲み込めないようですね。

喉が痛くて食べ物が飲み込めない!そんな時に食べると良い食材やレシピ!

そんな時はどうしたらよいのでしょうか?

何か気をつけることはあるのでしょうか。高齢者の場合、そのような食事を提供してくれる配達のお弁当もありますが、自宅でできる簡単な嚥下食を作ってみましょう。

食材選びは慎重に

まず咀嚼や嚥下に問題がある、という場合は食材選びを慎重に行い、固いものは避けるようにしましょう。肉などの筋は切って取り除いて食べやすくすることも大切ですね、そしてむせやすいものもなるべく避けるようにすると良いでしょう。食品は食べ方に工夫をこらすとよく、パサパサしたものよりはおろしと一緒にとか、スープにひたすなど、水分と一緒に摂ると大分食事が摂れるようになります。

とろみをつけること

一般的には消化の良いものが中心となりますが、とろみをつけることでより一層食べやすくなりますから、煮物などでも片栗粉でとろみをつけてあげると良いでしょう。また咀嚼がどの程度まで出来るかによっても異なりますから、フルーツなどでどれくらい噛めるか、食べられるかを検討して、その後、食べられる固さの食事を作ってあげましょう。

食べ物が飲み込めない、そんな場合でも柔らかいものばかり与えていては唾液量が減ってしまいますから、それよりは、自力で噛める程度の固さのものをたびたび出すことがオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick