// //
list

綿棒で耳掃除をするときに気を付けたいこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん耳かきは何で行っていますか?そうです、答えは麺棒が大半を占めるでしょう。麺棒1本あれば、耳かきから鼻掃除まで何にでも役立つものですから、実家に1つは揃えておきたいものです。

耳かきよりも安全と言われている麺棒を使った耳かきですが、それでもやはり注意したいことがあります。使い方次第では耳にダメージを与えることがありますから子供の耳かきをしてあげる場合には注意してあげましょう。

綿棒で耳掃除をするときに気を付けたいこと

耳の中にカビ

実は麺棒でも耳の中に傷をつける可能性があるので、そこに膿が溜まったり、炎症になる可能性もありますが、なんと言ってもカビが生えてくるというケースもあるんですよ!

柔らかい麺棒の特性

麺棒は耳かきより柔らかく、耳掃除をするには適していると思われがちですが、実は耳垢を奥へ奥へと入り込ませてしまうこともあるんです。特に丸い先端部分は耳かきには適していません。通常の耳かきはかき出すような形をしているため、耳垢を外に出すことができますが、先端が丸い麺棒は耳垢を中へ中へと押し込んでしまう可能性があるのです。

さらに力の入れすぎなど、麺棒を使う場合には注意が必要なんですね。

では耳かきの頻度は?

耳かきの頻度はどれくらいが良いのでしょうか?それは週に1回ペースで行うのがベストだと言えますから、毎日行っている人は即座にやめるべきでしょう。耳の健康を考えるとそうしたほうが無難ですし、また赤ちゃん用の麺棒を使うとより耳垢を掃除できるので、少し頼りないと思われるくらいの麺棒が良いと覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick