// //
list

なぜ靴下を履いて寝てはいけないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒い時期になると冷え性の人は寝る時に布団が冷たく感じ、余計に寝付けなくなる人が多いようですね。特に足先や指先が冷えて眠れないという女性は多いので、靴下をはいて寝る、という人も多いのですが、実はその行為こそが冷え性を悪化させていることもあるので注意が必要となります。普段眠る際は靴下なぞはかずに眠っているわけですし、冷え性の人でも靴下は履いて寝ない人もいますから、今履いて寝ている女性は必見です。

なぜ靴下を履いて寝てはいけないの?

体温調節ができなくなる

靴下を履いて寝ると一時的に温かくなった気がしますが、実は体温は寝ている間に下がっていますから、末梢神経まで熱が伝わりにくくなっています。そのため、靴下を履いて寝ていると熱の逃げ道を封じ込めてしまうため、体温調節ができなくなってしまうのです。それで冷え性が悪化する恐れがあるのですよ。

靴下の中が蒸れて体温が奪われる

靴下を履いて寝ると熱が外に放出されないために、内部に熱や水蒸気が溜まってしまいます。そのため、靴下を履いて寝ることによってよけいに冷えの原因を作ってしまうのです。

履くなら足を圧迫しない靴下を

もしどうしても靴下なしでは寝れない!という場合は、もこもこ素材の足をしめつけないタイプの靴下を履いて寝るようにしましょう。締め付けるタイプのぴったりした靴下は先に述べたとおり冷え性を悪化させる原因になるため、よくありません。冷え性と闘う女性の皆さん、靴下をやめて素足で寝てみませんか?最初だけ我慢すれば、意外にあとはすっと眠りに入れることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick