// //
list

健康にいい水の飲み方とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

水分補給は私達が毎日行っているもので、これを怠ると脱水症状になったり、水が足りなくて意欲が湧かなかったりします。そのため水を飲むという行為はとても大切なんですね。しかし水を飲む場合、大抵の人は喉が渇いたから、とか、何も考えずに飲んでいる人が大勢いますが、良い水の飲み方を知っておくと非常に健康に良いと言われているので、ご紹介していきましょう。

健康にいい水の飲み方とは

水はいつ飲む?

こまめに水を飲むことが大切で、私達の体は60%が水分でできているため、水分補給は一気に行うのではなく1日数回に分けて飲むことが重要となってきます。一気に水を摂取するとそのまま排泄に回ってしまいますから、充分に体に浸透させるには水をこまめに飲むという方法が適切なのです。

硬水と軟水があります

水には種類があるのを知っていましたか?硬水と軟水と呼ばれる2種類の水があるのです。それぞれ特徴が異なり、硬水はやはり若干飲みづらい傾向にありますが、軟水はスムーズに飲めるゴクゴクタイプと言えるでしょう。

具体的に言うとマグネシウムやカルシウムの量で硬水軟水が決まってきますが、この量が多くなればなるほど硬水になっていきます。ちなみに日本の水道水は弱アルカリ性になっており、飲みなれていないとお腹を壊す可能性があると言われているのです。

軟水が日本人にはあっている

日本人が飲むにあたって良い水は軟水と言われています。ウォーターサーバーなどを利用すればわかるように飲みやすく、子供でもごくごく飲めるようになっていますね。また水を飲むタイミングですが、喉が渇いたと思う前に水分補給を行うことがベストで、喉が渇いたと感じた時点ですでに水分が失われているのです。ですからスポーツ等をする前にはしっかり水分補給をしておくことが必要で、合間合間を見て水分を補給していきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick