// //
list

中高年だけの悩みじゃない!膝痛が起きる原因と予防策

このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛とは普通腰の痛みのことを言い、中高年に多く見られる現象として捉えられていますが、実は若年層でも腰痛に悩まされるケースが最近になって増えてきているのです。以前は背骨の疾患、内臓が原因の腰痛もありましたが、近年は心理的な影響や社会的背景も腰痛の対象となってきています。メンタルだけで腰痛が起きるという可能性も否定できなくもなく、その周りを取り囲んでいる環境も腰痛に関係しているのです。

中高年だけの悩みじゃない!膝痛が起きる原因と予防策

ヘルニアを起こしてしまう

年齢的に起こるものから、ヘルニアを発症するケースも多々ありますが、軟骨が弾力性を失って神経を圧迫している状態がヘルニアです。腰の痛みは殆どないと言われていますが、それよりも下肢や足先などのしびれ、痛みなどが酷い場合もあり、立っていられないほどの痛みに悩まされることもあります。ヘルニアの治療法は今のところ解明されておらず、現状を維持するだけの治療法となりますから、ヘルニアを起こす前から予防が必要となります。

デスクワークにて

毎日同じ姿勢を続けていると、腰痛になるケースも多いようですね。特に事務職についている女性などはデスクワークが中心になりますから、腰のだるさを感じている人が大勢いるようです。体質にもよりますが、このデスクワークや長時間同じ姿勢でいることによって腰痛が起こる可能性が大きいと言われています。

では改善、予防法は?

腰痛を治すにはまずは正しい姿勢から始めると良く、特に立った場合に猫背になってしまう人はあまりよくありませんね。常に猫背でいる場合、腰にかかる負担が大きくなってしまいますから、やはり姿勢は胸を張って上から吊られるような形をキープすることが大切です。このように予防策もありますから、一人で腰痛に悩まずに、必要があれば整体などに通う必要もありますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick