// //
list

脚の指先がつりやすいのはなぜ?-考えられる原因と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく寝ている最中に脚の指がつるという現象で起こされている人も中にはいるでしょうね。ぐっすり休みたいのに、脚の指がつって痛くて眠れないという人も多いようです。何故、脚の指はそんなにもつりやすいのでしょうか?もしくはつらない人は何故つらないのか?それを考えてみましょう。

脚の指先がつりやすいのはなぜ?-考えられる原因と対策

原因について

脚の指がつる原因は運動不足や普段と違う動きをした場合に起こる可能性が高いです。原因としては運動不足、筋肉の疲労やミネラルの減少などがあげられます。

脚の筋肉の疲れ

運動して脚の筋肉が疲労すると急にカルシウムやナトリウムが必要になり、分解されていきますから、運動を続ければ続けるほど筋肉は疲労し、脚の指が硬直してしまうのです。

血行不良に陥っているから

また体が冷えると血液がうまく循環しなくなりますから、脚の指先に血液が届きにくくなります。すると神経の動きが鈍り、脚の指がつりやすくなります。

対処法について

脚の指がつった場合、指自体をマッサージしてもどんな効果も得ることができません。脚の指を使っている筋肉をほぐすことでつりを改善することができるのです。また膝裏まで菌は続いていますから、そこを丁寧にほぐすことで脚の指のつりが徐々になくなっていくのが分かるでしょう。

脚のふくらはぎがつったという人は多いかもしれませんが、脚の指はあまりつらない場所ですから、もしかするとビックリするかもしれませんね。しかしいざという時のために覚えておいたほうが良いかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick