// //
list

カラコンが目に良くないって本当?正しい使用方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カラーコンタクト、いわゆるカラコンですが、目に悪いという印象がありますね。通常のレンズと比べるとカラコンは目に悪く、視力の低下も現れると言われていますが、本当なのでしょうか。具体的にカラコンはどこが目に悪いのか、そして正しい使用方法はどうなのかをチェックしておきましょう。

カラコンが目に良くないって本当?

カラコンの危険性

カラコンは通常のコンタクトレンズよりも酸素透過性というものが悪く、角膜が腫れて傷ついたり感染症の原因になると言われています。慢性の充血や視力低下も言われていますね。ケアをさぼった場合はレンズにばい菌が付着したり、カビが目に入ったりして衛生上よくありません。

装着する際にも裏表がはっきりしないままつける人もいるため、正しいものを使わなければ角膜に直接着けるものだからこそリスクがあるのです。

正しい使用をすれば安全なもの

カラコンを使う場合でも通常のコンタクトレンズを使う場合でも同じですが、まずは手をしっかり洗うようにしましょう。また爪も短く切っておくことが大切です。やぶれたり傷ついたカラコンを使うのは目に大変悪いですから、絶対にやめましょう。

そして表と裏を確認したら装着します。カラコンはつけたまま眠ることはできませんから、居眠りなどには注意が必要ですし、万が一レンズをしたまま寝てしまった場合、コンタクト用の目薬を点眼して早期に外すようにしましょう。使い方はいたってシンプル、通常のコンタクトレンズと同じですから、それほどむやみに目に悪いとは言い切れないのです。

おしゃれ対策にカラコンを

若い女性を中心にカラコンが流行っていますが、きちんとした使用方法で使っているとカラコンで視力低下や角膜の炎症などは起きませんから、安心して使うようにしましょう。おしゃれの延長線上にあるカラコンは、ないと目が大きく見えないなど、コンプレックスを隠すための有効な手段の1つです。

毎日のケアは大切ですが、何かおかしいなと感じたらすぐに眼科に行くようにすると、早めの対策を立てることができます。正しく安全に使うことで、おしゃれにも気合が入りますから、危険なカラコンとは呼ばずに、安全性の高いカラコンとして使用方法を守るようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick