// //
list

寝過ぎはダメ!?ベストな睡眠時間とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠は人間が生きていくのに欠かせないものです。睡眠とは端的に書くと、脳が休息する時間をとるということでもあります。しかし、最近の研究では寝過ぎるのも良くないというのがわかってきました。そこで理想の睡眠時間というものを考えてみます。

寝過ぎはダメ!?ベストな睡眠時間とは

そもそも睡眠って何のために行うものなの?

睡眠は上でも書いたように脳が休息するために行われるものです。しかし、脳の休息と言っても睡眠中ずっと休んでいる訳でありません。睡眠している間はレム睡眠、ノンレム睡眠というものを定期的に繰り返しながら脳は休息をとっているのです。ちなみに、レム睡眠とは脳が覚醒状態に近い状態を指し、ノンレム睡眠はその逆だと考えていくと良いでしょう。

睡眠時間が長いのと短いのではどんな影響が出るの?

睡眠時間は健康にも大きな影響を与えると考えられています。一般的には睡眠時間が短いのは健康に良くないというイメージがありますが、実は長く寝過ぎるというのも健康にとって良くないようですね。睡眠時間が短い場合、本来であれば睡眠によって得られる効果が充分に得られないということから、免疫力の低下を引き起こしやすくなります。

また、ストレスが蓄積したり、集中力が落ちるなどが代表的なものだと考えて良いでしょう。対して、睡眠時間が長すぎる場合は、血圧が上がったりすることから、心臓や血管に負担がかかりやすくなるそうです。

理想的な睡眠時間っていったいどのくらいなの?

理想的な睡眠時間ですが、これは1日に7時間前後だとされています。アメリカの研究でわかったことですが、およそ7時間程度の睡眠時間をとっている人が最も寿命が長くなる傾向にあり、長くても短くても寿命が短くなる傾向が見られたそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick