// //
list

眠くて仕方ない、生理中の眠気の原因と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとって月に1度の月経の時期は、身体が色々と変化するものです。中でも多いのが、最近やけに眠気を感じると思っていたら、数日後には生理になった、生理中にはすごく眠くなるというようなケースですね。

眠くて仕方ない、生理中の眠気の原因と対処法

生理と眠気ってなにか関係あるのだろうか?

そもそも人間の身体というのは体温が少しずつ低くなることで、眠気を誘発するようにできているのですが、この体温の変化にホルモンが大きく関係しています。ちなみに体温が少しずつ高くなることで、身体と脳が覚醒する仕組みになっているので覚えておくと良いかもしれません。ホルモンと体温の関係なのですが、女性に関係があるのがプロゲステロンです。

別名黄体ホルモンとも言いますが、これには体温を高くする働きあります。排卵期から生理までの間はプロゲステロンが多く分泌されることから、しっかりと睡眠をとっているようでも、取れていないことが多いのです。結果、無自覚の内に睡眠不足となり、眠気を感じてしまうことがあるのです。

生理中に眠くなる理由って他にはどんなものがあるの?

生理中の眠気にはホルモン以外にも理由はいくつかあります。その1つが生理による出血で、身体が休もうとしていることです。個人差も大きいですが、生理による出血はそれだけでも体力が消耗されるものなので、どうしても身体が休息を求めてしまいます。そこで眠気が生じてしまうと考えられているのです。

生理中の眠気対策にはどんなことをすれば効果的なの?

生理中の眠気対策としては、普段から熟睡できる環境を作っておくことが大切です。また適度な運動をしたり、するのも良いでしょう。どうしても眠りにくいのなら、痛み止めなどを利用するのも方法の1つですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick