// //
list

知らぬ間にやってくる「神経痛」の原因と症状

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの間にか起こっていた痛み、というのは神経痛であることが多いです。何の心当たりもないのに、突然起こるということも多く、痛みの他にも痺れなどが起こることもあります。ここでは神経痛の原因や対処方について考えてみます。

知らぬ間にやってくる「神経痛」の原因と症状

神経痛っていったい何が原因で起こっているものなの?

神経痛の原因は様々なものがあり、一概にこれが原因だと決めつけるのは検査をしてからでないと解らない部分があります。検査をしても原因不明であるというケースもありますが、代表的なものとしては何らかの疾患が原因となるものや、ケガが元になって起こるものなどです。他にもストレスの蓄積など精神的な部分が原因となって起こることもあり、様々なものであると考えて良いでしょう。

神経痛で痛みが起こるメカニズムってどうなっているの?

神経痛は末梢神経の経路に沿って痛みが起こると考えられています。何らかの原因によって、末梢神経が傷ついてしまったり、神経が圧迫されることによって痛みが現れてしまうのです。その末梢神経にしても痛みが出る部位によって、症状や痛みの大きさなどが変わると言われており、非常に曖昧な疾患だと考えて良いでしょう。

神経痛を悪化させないためにはどうやって対処すれば良いの?

神経痛の対処方としては、まずは原因を知ることが大切です。上でも述べたように神経痛の原因は多岐にわたるので、その原因が解らなければ対処のしようがありません。

ですので、原因がはっきりとした場合は、その原因を取り除くことが根本的な対策となります。原因不明の場合としては、神経痛の痛みを緩和する対策として、身体を冷やさないようにするというのが代表的ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick