// //
list

椎間板ヘルニアの原因と症状について

このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛を患っている人はとても多いのですが、その中でも椎間板ヘルニアと診断される人も少なくありません。椎間板ヘルニアは単純に痛みだけというのではなく、足の痺れなどを引き起こすこともあり、酷い時には動けなくなることもあるので、非常に厄介な疾患であると言って良いでしょう。

椎間板ヘルニアの原因と症状について

椎間板ヘルニアの原因っていったいどんなものが考えられるの?

そもそも椎間板とは、背骨の腰の部分にある椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしているものです。この椎間板の組織が飛び出してしまい、その結果として付近にある神経を圧迫することによって痛みや痺れなどを起こしてしまいます。

椎間板ヘルニアが起こる原因としては、加齢や遺伝要因といった他に、姿勢であったり動作などが関係していると言われており、特に立ち姿勢のままで前屈みになるという動作は非常に危険と考えられているそうです。

椎間板ヘルニアの症状について?

上でも触れましたが、椎間板ヘルニアの基本的な症状としては痛みと痺れです。これは神経を圧迫することから起こるものであり、どのくらい圧迫されているのかによっても症状は変わってきます。痛みとしては腰痛の中でもかなり激痛であり、特に発症時は日常生活がままならないくらいのものがあるそうです。

椎間板ヘルニアになった時の対処方を考えておこう

椎間板ヘルニアの対処方として代表的なのは、安静にすることです。痛みが強い場合などは局所麻酔を行ったり、消炎鎮痛剤などを服用することがあります。根本的に治療するには手術を行うことが一般的であり、日常生活に支障が出るようなケースでは手術を望む人が多いようですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick