// //
list

「あざ」ができやすい人に共通する特徴とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなところ、ぶつけた覚えもないのにあざができている、という経験がある人も多いはずです。不思議に思っていても、日常生活の中で流してしまうことが多い疑問ですよね。ここでは、あざができやすいという人の特徴をいくつか紹介してみます。

「あざ」ができやすい人に共通する特徴とは!?

そもそもあざができる原因を最初に知っておこう

あざというのは、どこかにぶつかるなどして、皮膚の下に衝撃を受けた時にできるものです。衝撃を受けた時に、皮膚の下にある血管が切れてしまい、内出血を起こしてしまうので、青くなってしまいます。皮膚の柔軟性や弾力性が低下することで、あざというのはできやすくなるそうです。つまり、あざができやすくなるのは加齢現象の1つだと考えてください。

紫外線を浴びるとあざができやすくなる?

紫外線を受けるということは、皮膚にダメージを与えることでもあります。この時、皮膚内にあるコラーゲンなどを壊す作用があり、皮膚のハリというものをなくしてしまうのです。結果、あざができやすい皮膚の環境を作ってしまうのが、紫外線であると考えて良いでしょう。

皮膚だけではなくて血管に問題があっても、あざはできやすくなるの?

前述した通り、あざとは皮膚下の血管が何らかの理由で破れてしまうことで起こるものなので、血管がそもそも脆くなっているとできやすくなります。どこかにぶつけた覚えもないのにあざがあるというのは、この血管が脆くなっているタイプだと考えることができるのです。

他にも別の疾患やケガが原因となって、あざができやすくなるケースもあるので、その場合は先に原因となるものを治療することが必要だと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick