// //
list

「ノンアルコール」と表示されていれば、妊娠中でも大丈夫!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、アルコールを含まないお酒であるノンアルコール飲料が増えてきました。飲酒運転の罰則が強化されたことなどもあってか、ここ数年でビールだけではなく、多くのお酒がノンアルコール化されたと言っても良いでしょう。

そんなノンアルコール飲料ですが、妊婦の人の場合は飲んでも大丈夫なのと気にする人もいるかもしれませんね。ここでは妊娠中にノンアルコール飲料を飲んでも大丈夫なのか、について考えてみます。

「ノンアルコール」と表示されていれば、妊娠中でも大丈夫!?

そもそもノンアルコール飲料とはどんな飲み物か

そもそもの話ですが、お酒というのは酒税法によってアルコールが1%以上含まれている飲み物のことと定義されています。つまり、1%未満のアルコール含有量であれば、ノンアルコールとして販売できると考えてください。

ですので、ノンアルコール飲料だからと言ってもアルコールがホンの少し入っている飲み物もあります。ですので、妊娠中なのであれば、0.00%と表記されているものを購入した方が良いでしょう。

そもそも妊娠中にアルコールがダメなのってどんな理由があるのだろう?

妊娠中には良くアルコールがダメだと言われますが、その理由はお腹の中にいる赤ちゃんに障害が出るリスクが高まるからだとされています。胎児性アルコール症候群というのですが、発達障害や学習障害を起こすリスクが高くなるので、アルコールの摂取は避けるべきと考えられているのです。

最終的にノンアルコール飲料なら妊娠中でも飲んで良いの?

上でも触れた通り、ノンアルコールと言っても実際にはアルコールが含まれるものもあるので、しっかりと0.00%のものを選ぶ必要があります。その上で飲みすぎないように注意してください。添加物も多く含まれていますので、過剰摂取してしまうと、何が起こるか解りませんので、できるだけ飲まない方が良いでしょう。飲むのなら適度な量を飲むのみとどめておくべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick