// //
list

慢性頭痛を改善に導く「頭痛体操」の方法と効果とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛に悩まされる人は多くいます。どちらかと言えば女性に多いものですが、近年では男性でも頭痛持ちの人が増えていると言って良いでしょう。そんな辛い頭痛ですが、簡単に改善できると言われているのが、頭痛体操です。ここでは頭痛体操について紹介してみます。

慢性頭痛を改善に導く「頭痛体操」の方法と効果とは

そもそも頭痛体操ってどんなものなの?

頭痛の大きな原因になっているのが筋肉のハリです。特に首や肩周辺の筋肉がこってしまうことで、頭痛が派生すると考えられており、頭痛体操を行うことで筋肉のハリをほぐすことができることから、頭痛の回数を減らしたり、痛みを軽減できると考えられています。

頭痛体操って具体的にはどんな運動をすれば良いの?

最も簡単な方法としては、両足を肩幅より少し広げて立って行うものです。身体の中心に棒が刺さっているような意識をして、両腕を水平にふって肩を回すようにして動きます。基本的に身体は正面向き、頭を動かさないように気をつけて、左右に身体の軸を中心としてコマのように回してください。勢いをつける必要はないので、ゆっくりと行うとケガをするリスクを下げることができます。

頭痛体操を行う時に注意しておきたいことを覚えよう

頭痛体操を行う時には動かすべき筋肉が動いているかを意識しながら行うのがポイントになります。また、頭痛体操は立ってもできますし、座ったままでも動かすことができるので、デスクワークの途中でも行うことができます。この時、1回に行う時間は2分程度で良いです。ただし、頭痛が起きている時や、頭痛の痛みが増えたというケースなら、一時的に中止してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick