// //
list

マタニティーマークを付けていると危険なワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

一見して妊婦さんだとわかるように作られたのがマタニティマークです。このマタニティマークをつけていると、妊婦さんとしてわかるので公共交通機関などでは、優先的に座席に座ったり、譲ってもらうことができるようになったと言っても良いでしょう。しかし、最近ではこのマタニティマークをつけると危険だとも言われています。

マタニティーマークを付けていると危険なワケ

どうしてマタニティマークをつけると危険と考えられているの?

もともとの目的は妊婦さんに対して、配慮しようという心遣いから生まれたマタニティマークですが、最近では嫌がらせをするような人も増えているそうです。インターネットのSNSなどで発信されたことがきっかけのようですが、マタニティマークをつけていると、一部の人から暴言を受けたり、暴力をふるわれるとの声もあります。

結果、自分とお腹の中の赤ちゃんを守るためにマタニティマークをつけないという選択肢をする人も増えているそうです。

マタニティマークをつけないことでデメリットはあるのか

マタニティマークをつけることのメリットとしては、周囲に自分が妊娠していますよと知らせることで配慮してもらうことができるというものでしかありません。ですので、マタニティマークをつけないとしても、配慮が受けにくくなるというものでしかないのです。

基本的に妊婦さんへの配慮に関しても強制力がある訳ではなく、あくまでも御願い程度のものなのでマタニティマークの力を過信するのも間違いだと言えるでしょう。

マタニティマークをつけているとそんなに危険?

上でも触れた通り、マタニティマークをつけていたとしても、周囲の人すべてが悪意を持っている訳ではないので、そこまで気にする必要はないかもしれません。しかし、妊婦というのはデリケートでもあるので、リスクを減らしたいのなら、マタニティマークをつけない選択肢をとるのも1つの手段です。ふだんは鞄の中にしまっておいて、体調が悪いなという時だけ利用するのも良いかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick