// //
list

ピルを飲んでいい人とダメな人!

このエントリーをはてなブックマークに追加

避妊と言えば、コンドームをイメージする人は少なくありません。ただこれは日本でのことであり、海外ではピルを利用している人も多いのです。日本ではあまり馴染みがないピルですが、実はコンドームよりも避妊失敗率が低く、かなり安全な避妊薬の1つであると考えて良いでしょう。

ただし、性感染症の予防にはなりませんので、場合によってはコンドームを使うことも考えなくてはいけません。ここではピルを飲んでも良い人とダメな人について考えてみましょう。

ピルを飲んでいい人とダメな人!

そもそもピルっていったいどんなことなのか基本を抑えておこう

ピルとは経口避妊薬という言い方をすることもあります。これは錠剤タイプの薬を飲むことからつけられたものなのですが、日本では1999年に認可されたもので、一般的にはあまり浸透していないものです。ネガティブなイメージを持つ人も多いのですが、現在使用されているピルは副作用も低く、安全性がかなり高まっています。

女性ホルモンと同じ成分が含まれており、これらの成分が体内で濃厚になることで一時的に妊娠しているのと同じ状態になるのです。結果、脳が妊娠したと勘違いすることから、排卵もしなくなり避妊することができます。

ピルを飲んで良い人ってどんな人なの?

ピルを服用することで生理周期などを整えることができるというメリットがあることから、もともと生理が不安定な女性や、生理痛が酷い人にとっては症状を軽減したり、整えることができます。卵巣ガンなどを予防する効果もあるので、女性の身体を保護することができると考えて良いでしょう。

ピルを飲んだらダメな人ってどんな人のこと?

ピルを飲んだらダメな人としては、女性ホルモンが増えることで身体に弊害が起こってしまう人のことです。ピルを飲むことで血栓を作りやすくなることから、過去に血管障害を起こしたことがある人は使わない方が良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick