// //
list

なかなか治らない、乳児湿疹の改善法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんの肌というのはすべすべとしていて、とてもきれいですよね。しかし、いつもきれいな肌という訳ではなく、たまに肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。この肌荒れのことを乳児湿疹と呼ぶのですが、初めてのお子さんの場合は何かとんでもない病気かもと思ってしまう親御さんも多いようです。そこで乳児湿疹について紹介してみます。

なかなか治らない、乳児湿疹の改善法とは

乳児湿疹とはどんな疾患のことを指しているの?

乳児湿疹とは簡単に書いてしまうと、赤ちゃんに起きる肌荒れや湿疹の総称です。基本的にしっかりと赤ちゃんのことをケアしていれば、そこまで頻発するといった類のものではありません。ただし、毎日のケアが間違っていたり、赤ちゃんの肌には刺激が強いものを使っていたりすると、発症しやすくなると考えて良いでしょう。

乳児湿疹の原因にはどんなものがあるの?

乳児湿疹の中でも代表的なのが、あせもですね。赤ちゃんは大人の何倍も汗を掻きやすいことから、特に気温が高くなってくるとあせもができやすくなります。冬場でも暖房をきかせすぎたり、厚着しすぎなどであせもになることがあります。

きちんとお風呂に入れてあげて、丁寧にスキンケアすることが基本対策です。他にも、ニキビだったり、乾燥肌になることで、さまざまなトラブルが起こってしまいます。

乳児湿疹を対策するにはどうすれば良いの?

まず赤ちゃんの清潔を保ってあげることが大切です。赤ちゃんはとてもデリケートなので、ちょっとしたことでもトラブルになりやすいものです。そこで毎日身体を洗ってあげることで、清潔さを保ち、その後はベビーオイルなどを使って、しっかりとケアをしてあげてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick