// //
list

妊娠中に注意すべきペットとの暮らし方

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は妊娠によって、大きく体質が変わるものです。結婚前からペットと一緒に暮らしているという場合、日常生活の中にペットもいますので、何も気にしないという人も少なくありません。しかし、実は何気ないことでも、自身の身体の負担になってしまうことがあるので、いくらかわいいペットと言っても充分に注意しなくてはいけないのです。

妊娠中に注意すべきペットとの暮らし方

妊娠中に注意しておきたいペットとの暮らしにはどんなものがあるの?

妊娠中というのは、良くも悪くもお腹にいる赤ちゃんはお母さんと一心同体だと言えます。つまり、お母さんの体内に入ったものは、栄養素も毒物も届けられてしまうということをしっかりと認識しておかなければいけません。

ペットを飼っている人の場合、ついスキンシップでキスをするというケースも多いですが、その時にうっかりと赤ちゃんにとって悪影響を及ぼす可能性があるものを取り入れているかもしれないのです。

具体的にはどんなことをしたらダメなのか知っておきたい

特に妊娠中に注意したいのが人畜感染症ですね。人畜感染症とは簡単に書くと、人にもペットにも罹ってしまう病気のことで、代表的なのがトキソプラズマになります。トキソプラズマとは猫に感染する寄生虫のことで、猫から人へとうつることもあるのです。感染してしまうと、お腹の赤ちゃんに重大な障害を残すリスクが高まります。

トキソプラズマに感染した時の対策を考えよう

そもそもトキソプラズマは、室内飼いをしている猫には感染するリスクを低くすることができます。逆に外に猫を出しているという人は、充分に注意しておく必要があるのです。これはネズミなどを猫が食べることでトキソプラズマに感染するからです。ですので、猫にネズミを与えない環境を作ることが大切だと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick