// //
list

寝違えの原因は「脇」にあった!?辛い痛みを早く治せる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝違い、最近起こしていないですが、忘れた頃にやってくるものです。普段何気なく寝ていたのが、起きたらやたらに首が痛くて回らない・・・。そんな状態が寝違えです。首を変に曲げて寝ていたからだろうと思っていた寝違えは実は脇が原因だったのです。

寝違えの原因は「脇」にあった!?辛い痛みを早く治せる方法

脇が原因だった寝違え

信じられないかもしれませんが、寝違えの原因は脇です。寝違えで首が回らないという場合、首に原因があると考えがちですが、実際脇が原因のことが多く、脇を回すことによって首の痛みが緩和されます。

しかし何故脇が寝違えの原因なのでしょうか?それは寝ている間、脇の内側を通る神経が圧迫されて起こるというものです。血行不良を起こし、首に痛みを生じるというものです。

寝違いの直し方は?

まず寝違いの原因は脇なので、脇をケアしましょう。脇の血行をよくするためにぐるぐる肩甲骨を意識して回したり、だらんと肩を下げてぐいっとあげる、というエクササイズを行うことによって首の痛みが緩和します。

やってはいけないこと

脇が原因の寝違えは、脇の血流を促進し、詰まりを解決することで治っていきますから、首が痛いからといって首や肩をゴリゴリもむのはNGです。揉むことによってより首の神経を圧迫し、痛みを増強してしまいます。首や肩には刺激を与えず、脇のケアを行うことが必要です。

また時にはストレッチも加えると良いでしょう。痛いほうの手を後ろに気持ちいい程度に回し、ストレッチします。すると脇がほぐれて首への負担が軽くなります。色々な策を講じてもどうしても痛みが取れない場合は整骨院や整体へ行くようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick