// //
list

急性胃腸炎の種類・予防法について

このエントリーをはてなブックマークに追加

胃腸炎と言えば、胃が炎症を起こした状態で、普段の生活を送っていてもなってしまうことがあります。しかし急性胃腸炎の場合は徐々にではなく、急になってしまうので、慌てることが多いのです。その種類や予防法をチェックしましょう。

急性胃腸炎の種類・予防法について

胃腸炎の原因となるもの

胃腸炎になる原因は細菌やウイルス感染で胃腸炎になります。細菌の種類としてはサルモネラ菌、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、コレラ、大腸菌があり、ウイルスはアデノウイルス、ノロ、ロタウイルスなどがありますが、これらは急性胃腸炎の原因として主となるものです。どれも潜伏期間がありますから、急に発症した!と思う人も多いようです。

ストレスが最近では多い

食中毒による胃腸炎、サルモネラやO-157などが原因で急性胃腸炎になることがあります。またストレスによる急性胃腸炎があります。人間関係のトラブルや悩みによって発症し、過敏性腸症候群とも呼ばれているもので、これらは急性胃腸炎と言えるでしょう。

潜伏期間はそれぞれウイルスによって違いますが、特に24時間以内に起こる胃腸炎は食中毒が疑われます。

予防が出来る急性胃腸炎

急性胃腸炎は予防が出来ます。まず外から帰って来たらしっかり手洗いうがいを徹底すること、人込みの中に出るのならマスクで感染予防を、また食材はしっかり煮込み、火を通しましょう。ストレス解消法も見つけておくと良いです。

ビタミンCを摂取すると、ストレスに強い体にする成分がパワーアップすると言われています。ストレスに弱いという人は、日ごろからビタミンCを多く含む食べ物を食べることでストレスに強い体を作ることが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick