// //
list

矯正せずに「歯並び」を改善する方法3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

歯並びが悪いと、キレイにしているつもりでも、なんとなく汚い口元に見えてしまうのが悲しいところです。子供の頃に矯正しておけばよかった・・・と大人になってから思う人も多いようですが、実は矯正しないでも歯並びを改善に導くことが出来るのです。

矯正せずに「歯並び」を改善する方法3つ

ガムを噛むこと

ガムを意識して奥歯で噛むようにします。両方をまんべんなく噛むようにして、片方ばかりで噛まず、両方の奥歯でかむようにして、それを30分から1時間程度続けます。仕事中にしていると、けっこう早く時間がたちますから、シュガーレスのガムなどで試してみましょう。

唇をトレーニングすること

歯並びをキレイにするには外側の唇も大切です。上唇で下唇を包み込み、音を出してはじき、唇を開けます。それを繰り返すことによって唇から歯並びをケアすることが出来ると言われています。唇は歯並びによって出っ張ったり引っ込んでいたりしますので、キレイな口元を作るためにも唇ケアも必要なのです。

毎日の食事で矯正する

毎日の食事からでも歯並びをケアすることが出来ます。その前に、食事を考える必要があります。歯並びをよくするために食べる食事は、固いものが原則揃っていなければなりません。

アジのみりんぼしなど、固いものが必要です。食事の際にその硬いものを噛む場合に両方の奥歯でしっかり噛むことで両方に均等に力が加わって歯並びにも影響を与えます。しかしこの方法は時間がかかりますし、すぐにでも歯並びを治したいという人は、やはり矯正が一番かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick