// //
list

猫背を直すストレッチ法で「背中美人」を目指そう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で自分が猫背だと自覚している人なら、すぐにでもストレッチを行い、背中美人を目指しましょう。猫背には悪いことしかありません。バストも垂れますし、胃腸にもよくありません。今すぐストレッチして、ピンと張った姿勢を維持しましょう。

猫背を直すストレッチ法で「背中美人」を目指そう!

背筋を鍛える

まずは猫背の原因である背筋を鍛えましょう。背筋が弱いとどうしても猫背になってしまうので、背筋を鍛えることから始めましょう。うつ伏せに寝て、その状態からえび反りになります。

これを出来る限りキープします。ゴキッと鳴った人は、背筋をしばらく使っていない人でしょう。あまり無理をすると背筋を痛めますから、休憩を入れつつえび反り体操をしましょう。

タオルストレッチで背中美人に

タオル1本あれば出来る簡単ストレッチを試してみましょう。タオルを後ろ手に両端を両手で持ちます。そのまま、タオルを後ろ手で引き揚げます。そのまま状態を前に倒し、ストレッチをします。かなり伸びているのが分かるでしょう。そのままゆっくり元に戻ります。

腕を引っ張るストレッチ

背中に脂肪がついてもすぐに気づく人はおらず、脇の後ろの肉がつまめる人はストレッチをはじめ、猫背を治して脂肪を解消したいものです。そのために両手を前に出し、肩甲骨を引き離すよう腕を前に引っ張られるようにぐーんと伸ばします。その後脱力、これを繰り返します。

背中がシャキっと美人になるとどんな女性でも魅力的に映ります。あなたの姿勢は大丈夫?姿勢から美人をキープしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick