// //
list

しもやけの原因や予防と治し方

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になるとしもやけが出来ることがあります。それは多くは末端に出来ることが多く、指先に始まり、足の小指などがあります。何故しもやけは出来るのでしょうか?そして予防や治し方はどんなものがあるのでしょう?

しもやけの原因や予防と治し方

原因は一体何でしょうか?

しもやけの原因の1つは、昼と夜の気温差だと言われています。遺伝、体質なども関係しており、気温と皮膚の温度差の違いが大きいとしもやけになりやすいと言われています。また手足の湿度が高い場合、主婦など水仕事をしたまま、しっかり水を切っておかなければしもやけになる可能性が高くなります。

予防するにはどうしたらいい?

なるべく外気温と差がないようにしたほうが良いので、冬の外出では帽子やマフラーを活用しましょう。そして主婦の場合、水仕事は鉄則ですから、ゴム手袋で思う存分家事を行いましょう。自分にぴったりの手袋で、薄めの手袋が使いやすいでしょう。お湯は冬でも素手で洗うことが出来ますが、乾燥しやすくしもやけになる原因となりますので、ゴム手袋を着用するのが最も予防としては良いでしょう。

治療法はありますか?

しもやけの治療は漢方薬やビタミンEを摂取することで行うことが出来ます。基本的には皮膚科を受診し、保湿剤をもらって保湿を行うことで治すことが出来ます。

市販のクリームでも効果が期待出来ますから、第三部医薬品などのクリームで治療することが出来ます。一般的には血流をよくすることでしもやけは改善に導かれますから、お湯と水を交互につけたりする方法もアリです。血流が促進され、しもやけ部分が効果的にケア出来ると言われています。お金もかからないセルフケアとして出来る治療です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick