// //
list

「呑気症」って知ってる?しつこい症状と原因・対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは普段、げっぷをよくしますか?またおならをたくさんすることがあるでしょうか。この世には色々な病気がありますが、呑気症という病気があるのです。その特徴としておなら、げっぷというものがあります。原因から解決法までしっかりチェックしていきましょう。

「呑気症」って知ってる?しつこい症状と原因・対処法

呑気症は何故起こる?

呑気症は大量の空気を飲み込むと起こる症状です。胃、食道や腸に空気が溜まり、げっぷ、お腹の張りやガスが溜まってしまいます。またそれだけならまだしも、胸やけや胃痛なども症状として現れるのです。

呑気症は早食いの人に多いと言われています。早食いの人は空気も一緒に摂りこんでしまうことが多いので、ゆっくり噛んで食べることで抑えることが出来ます。しかし、食べること以外でも、ごくんと息を飲み込んだりする場面が多いと、呑気症になると言われています。

ストレスが関係している?

呑気症にはストレスが関係しているとも言われています。基本的に臭くないげっぷ、おならは呑気症と言われています。それにはストレスも関係しており、無意識ながらもストレスを感じているのなら、呑気症の可能性もありますし、呑気症自体がストレスになって人前でうまく話せない、いつおならが出るかわからなくて怖い、ということになってしまいます。

ストレス解消、噛みしめ、食事に注意

呑気症の最大の原因はストレスと言われていますから、自分に合ったストレス解消法を見つけておきましょう。運動などはストレス発散には適切ですし、健康的です。

また噛みしめグセがある人も呑気症になりやすいと言われていますから、普段から少し薄く口を開けておくと良いでしょう。また、食事はしっかり噛んで、ゆっくり食べると良いです。20分かけて食べると思っておくと良いでしょう。自分なりに工夫して、呑気症が悪化しないよう注意しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick