// //
list

VDT症候群の症状や予防・治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加

VDT症候群というものが最近になって増えてきたようです。まだ発覚してから新しい病気で、目の病気であることが分かっています。パソコンやスマートフォンなどで目を酷使しているとかかる症状です。もしかしてあなたもVDT症候群の1人かもしれません。

VDT症候群の症状や予防・治療法

ビジュアル・ディスプレイ・ターミナルの略

VDT症候群はVDTなど画面の表示装置を備えたコンピューター機器を指しますが、職場、家庭でもパソコンが置かれるようになり、働いていない主婦でもインターネットをする機会が増えました。VTBで最も疲れるのは目です。

まばたきが減少しますから、疲れ目が起きるのです。VDT症候群はパソコンやスマートフォンなどをよく使うことによってドライアイ、疲れ目、かすみ目、頭痛や肩こりなど色々な症状を起こすことが言われています。

VDT症候群を予防するには

VDT症候群を予防するには長時間パソコンを扱う業務についている場合、1時間に10分は休憩を入れるようにしましょう。軽い運動やストレッチを取り入れ、ディスプレイを適度な高さに調節したり明るさを調節する必要があります。

デスクワークでは同じ姿勢が続くことが多いので、首や肩などに多少なりとも負担はかかります。日々の歪みが大きくなり、不調を起こすので、こまめな休憩と矯正が必要となります。

VDT症候群の治療は眼科で

VDT症候群の症状であるドライアイ、眼精疲労に対しては眼科で治療することが出来ます。目の痛み、乾燥や肩こり首コリなどがある場合、点眼薬で改善に導かれることも多いようです。眼精疲労の場合も眼科に相談すると点眼薬をもらうことが出来ますから、医師の処方に従って適切に使うようにしましょう。首や肩、腰痛などに関しては整形外科などで治療します。

しかしVDT症候群の原因をつきとめなければ一時はよくなっても同じことの繰り返しですから、VDT症候群にならないように、1時間に10分の休憩を、スマートフォンを暗い中で見ないなど、工夫をして予防しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick