// //
list

季節の変わり目に要注意!寒暖差アレルギーの原因と治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加

寒暖差アレルギーというものが最近出ているようです。季節の変わり目になると外から自宅に戻ってくると鼻水が止まらなくなったり、くしゃみ、咳が止まらないなど、アレルギー症状が出ます。本当に近年よく色々なアレルギーがあるものだと思うものですが、ついに気温の差でもアレルギーが出るようになってしまいました。

季節の変わり目に要注意!寒暖差アレルギーの原因と治療法

寒暖差アレルギーとは?

寒いところから温かいところへ、温かいところから寒いところへ急に移動した場合にくしゃみや咳、鼻水などが出てくることを寒暖差アレルギーと呼んでいます。

この現象は体が外気に合わせて体温調節をうまく出来ていない証拠でもあります。自律神経が乱れており、適応出来ない体になってしまっているのです。自律神経が対応出来る温度は7度と言われていますから、それ以上の温度差がある場合は寒暖差アレルギーとなってしまうのです。

症状はどんなものがありますか?

一目見ると、寒暖差アレルギーは風邪の症状とよく似ています。咳、くしゃみ、鼻水などが症状としてよく現れます。症状だけでは花粉症と殆ど見分けもつきませんので、目の充血がない、そして鼻水が透明であるという場合は寒暖差アレルギーだと思っても良いでしょう。

治療や予防など

寒暖差アレルギーはアレルギーでもなく風邪というわけでもないので、治療法というものはありません。ただ、予防策として出来ることはたくさんあります。極度な温度差にならないように、外出から帰ったらすぐに上着を脱ぐ、室内に入ったら上着を脱ぐなど体温を調節しやすい服装をしておきましょう。

冷たいと感じる部分は靴下を2枚履きしたり、マスクで鼻を温めたりしましょう。食事に関しても、スパイシーな食事を摂り入れ、体を常にぽかぽかにしておく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick