// //
list

早起きするといつも吐き気が…原因と解決方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

早起きをして朝活、という社会人もかなり多くなってきたのですが、早起きすると吐き気を催すという人はなんと10人に3人もいることが分かっています。何故早起きすると吐き気がするのでしょうか?原因はどこにあるのでしょう。

早起きするといつも吐き気が…原因と解決方法

ストレスによる自律神経が乱れること

自律神経が乱れ、過敏性腸症候群というものにかかっている可能性があります。便通異常や腹部が痛いという症状が続く可能性があり、病気として診てもらう必要があります。さらに胃炎、逆流性食道炎などがありますから、病気を改善に導く必要があります。

吐き気を予防する方法

まず、ストレスが原因で上記のような病気にかかっている場合、ストレスを自覚して、ストレスのせいでこうなっているのだから、まぁ吐いても仕方ないだろうと開き直ることが必要です。

これだけでもかなりのストレス緩和となります。また朝一番に気をそらすことを考えましょう。吐き気よりも何か気になることを用意しておいて、それを起きてすぐに行う必要があるのなら、吐き気よりそちらを優先するでしょう。

血管を広げる

おきぬけに、血管を広げる作用のあるショウガ紅茶などを飲むと良いと言われています。血流をアップさせ、整腸剤と共に飲むことでお腹の具合もよくなります。

また睡眠の質が悪いとおきぬけに吐き気に襲われることになりますから、質の良い睡眠をとるようにしましょう。ただだらだらと長時間眠っていることがよいことではなく、短い時間しか眠っていなくてもしっかり熟睡していることが必要です。そのために寝る前にはしっかり眠れる対策を立てておく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick