// //
list

親知らずは抜くの? 抜かないの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

親知らずは抜いてしまったほうが良いのでしょうか?それともきちんと生えて来たらそのままでも良いのでしょうか?まずそこから疑問ですが、抜くタイミングについても知りたいものです。

親知らずは抜くの? 抜かないの?

親知らずが働いていなければ抜く

まず、親知らずが働いていなければ抜くのがベストです。働いていないということは、噛むことが出来ていないということです。上下の親知らずがキレイに生えてきて、ものを噛んでいる状態であれば抜く必要はないということです。しかしそのようなことは稀なので、殆どが抜くことになります。

親知らずは若いうちに抜いたほうがよい

親知らずは若いうちに抜いたほうが治りが早いと言われています。ですからもし斜めに生えてきた、というのであれば、すぐに抜歯しましょう。

将来のことも考えると下手に生えてきた親知らずのせいで骨格がゆがんだり、ものが噛みにくくなったりしますから、早めに抜いて早めに完治したほうが良いのです。

抜くタイミングとして

親知らずはタイミングとしていつ抜くのが効果的?と感じている女性は、妊娠する可能性があるうちに抜いておきましょう。妊娠すると歯科医院での麻酔を打てなくなりますから、親知らずを抜けなくなります。

また親知らずは生えてきても最も奥にあるため、自然と磨き残しが多くなり、結局虫歯になってしまう可能性が非常に高いのです。それで抜くという人も多いようです。妊娠する可能性があるという場合は、さっさと親知らずは抜いてしまいましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick