// //
list

取れないゴミはどこへ!?目にゴミが入った時の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

眼球というのは人間の中で唯一粘膜が外に出ている場所でもあります。それだけにデリケートに扱いたいものです。しかしほこり、チリや小さな虫などが入ってしまうことがあります。対応するにはどうしたらよいのでしょうか?

取れないゴミはどこへ!?目にゴミが入った時の対処法

ゴミのとりかた

目の中に入ったゴミは、殆どが涙と一緒に流れて出てきます。ですからゆっくり瞬きして、涙と一緒に排出しましょう。また、自宅にいるのであれば、洗面器に水を張り、水の中で目を開け閉めしましょう。それでゴミがとれるはずです。

コンタクトレンズをつけている場合

コンタクトをつけている場合にゴミが入ったら、すぐに分かります。違和感があり、目に痛みを生じますから、ゴミだな、と気づきます。これはソフトレンズでは殆どないことですが、ハードレンズだとよくゴミが入ることがあるようです。

その場合は面倒かもしれませんがいったんコンタクトを外すようにして、コンタクトを洗浄しましょう。ソフトコンタクトレンズの場合も同じようにします。出先でコンタクトケースを持っていない場合はコンビニでお泊りセットのコンタクトセットを購入しましょう。

やってはいけないこと

目の中にゴミが入ってきて、やってはいけないということがあります。それは痛さや不快感のあまり、目をごしごしこするということです。

角膜が傷つく可能性もありますし、女性の場合だとメイクの成分が目の中に入ってしまい、よけい酷くなる可能性があります。慌てず瞬きをするか、水であらいながすのが良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick