// //
list

うつ病はビタミンB不足が原因かも!?葉酸の多い食品とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病はビタミンB群が不足している可能性があると言われています。と同時に、葉酸を摂取するとうつが改善に導かれるとも言われています。うつ病などはもはや世間によく知られた存在ですから、驚くことなど何1つありませんが、ビタミンB群が関係していたことはあまり知られていません。

うつ病はビタミンB不足が原因かも!?葉酸の多い食品とは

ビタミンB群が必要?

栄養素の中で特にビタミンB群がうつ病と関係があるというリサーチがあります。食生活をしっかり考えてみると、うつが緩和する可能性もありますから、ビタミンBをしっかり摂って、様子を見るのも良いでしょう。もちろん医師の処方薬はきちんと飲みましょう。

葉酸の働き

抗うつ薬と葉酸を同時に摂取すると抗うつ薬の効果のアップが期待出来た、という報告があります。また葉酸は精神的に落ち着かせる鎮静作用を持っているので、うつには適切なビタミンだと言われています。うつ病の患者の多くには葉酸不足が認められているようです。葉酸不足はうつを招く、と考えても良いです。

うつの中程度には葉酸が効果出来ます

うつの中程度のレベルの人に対して、葉酸を投与するのは効果が期待出来ると言われていますが、実際健康的な神経システムの構築が成されると言われています。妊婦には欠かせないビタミンとして知られる葉酸ですが、うつ病の人にも葉酸は欠かせない存在のようです。

うつ病にならないためにも普段の食事から葉酸を摂り入れておきたいものです。レバー、ホウレンソウやモロヘイヤ、豆類などに豊富に入っていますので、積極的に摂取しましょう。もちろんサプリメントで補っても良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick