// //
list

便秘は胃痛を併発?2つの関係性について

このエントリーをはてなブックマークに追加

慢性的な便秘だと分かりづらいと思いますが、突然便通の良い人が便秘になると胃痛を起こす可能性があります。一体胃痛と便秘にはどんな関係があるのでしょうか?

便秘は胃痛を併発?2つの関係性について

便秘が原因で胃痛になるケース

便が腸にたまり、食べたものを大腸まで送ることが出来ずに胃の中に戻されてしまうと、胃痛を起こします。またその場合、吐き気なども伴うようです。腸のぜんどう運動がしっかり行われないとこのようなケースが起こりやすく胃が圧迫されて胃痛を起こします。

胃痛で便秘になるケース

辛いもの、酸っぱいものを食べすぎると便秘になると言われています。夏場のアイスクリームや酢の物、激辛カレーなどが代表的なように、刺激物を食べることで胃炎が起こります。胃がしっかり消化出来ずにそのまま腸に流れ込むので、腸が対応出来ずに便秘になってしまいます。

どちらから解決していけば良いのか?

胃痛と便秘、どちらもどちらかが関与して起こるものです。その場合、便秘と胃痛、どちらを改善に導けばよいのでしょうか?まずは胃痛を解消しましょう。刺激物を避け、胃に優しいものを食べることが第一です。何気なく飲んでいるコーヒーのカフェインも胃を荒らしますから、注意が必要です。

またりんごなどは特別胃痛、便秘両方に効果が期待出来る食べ物なので、すりおろしたりんごなどを食べるようにしましょう。便秘防止のためにはヨーグルトやうどんなど、乳酸菌や消化の良いものを食べて、胃痛を治めてから便秘対策を立てましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick