// //
list

とっても怖い現代病、「副腎疲労症候群」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

副腎疲労症候群とは、副腎が疲労する病気です。肝臓の上にある臓器で、ストレスを解消してくれると言われる臓器なのですが、この臓器が疲労してくると副腎疲労症候群という症状となって現れます。どのような症状が起こるのでしょうか?

とっても怖い現代病、「副腎疲労症候群」とは?

副腎疲労症候群アドレナルファティーグの症状

副腎疲労症候群になるとうつ病になりやすいという点があげられます。人間は脳でストレスを感じるのですが、何故副腎に移動するのでしょうか?それはストレスを受けた脳が副腎に刺激を与えるのです。副腎は抗ストレスホルモンを分泌し、ストレスを解消しやすくしてくれます。しかしストレス過多の状態が続くことが副腎が疲れてしまい、もろく壊れてしまうと言われています。

食生活の見直しを

自炊は面倒だからと言って、ファストフードやお惣菜、コンビニ弁当ばかり食べていると、副腎疲労症候群は一向に良くなりません。野菜など、ミネラル豊富なものを食べることで副腎は復活してきますから、出来るだけ生野菜を摂るようにしましょう。果物などもビタミン豊富ですから、合わせて摂るようにして、副腎を回復させましょう。

副腎疲労症候群によって出てくる症状色々

副腎疲労症候群によって、血圧をあげるホルモンが欠落し、低血圧の状態が続き、立ちくらみという症状が現れます。また低血糖になり、集中力がなくなったりイライラが続きます。その他、免疫力の低下、生理不順など、体によくない影響が現れてしまうのです。精神的なストレスやアレルギー、食生活、睡眠不足など、色々な要素がたたって副腎疲労症候群が現れます。

放っておくと慢性的なストレスがたまった状態になり、最悪の場合うつ病に発展しますから、早いうちから副腎疲労症候群を改善に導くことをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick