// //
list

自律神経失調症を引き起こす原因と改善方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

自律神経失調症と名前がつくものは、メンタルケアが必要なケースが殆どです。心療内科などでケアしてもらうのが一番でしょう。心療内科、精神科と言うと、何やら怪しげで頭がおかしい人が集まっていると勘違いしている人もいますが、実際は社会復帰するためにリハビリしている人も大勢います。では自律神経失調症とは一体どのような症状、そして改善に導くにはどうしたら良いのでしょうか?

自律神経失調症を引き起こす原因と改善方法

ストレスが原因

自律神経失調症は、ストレスが原因である可能性が極めて高いです。めまいや頭痛、耳なり、不眠などの症状が出てきます。しかし、ストレスの原因は様々で、メンタル面でストレスを感じる人から、食生活によってストレスを体が感じることもあります。ただ、自律神経が狂うほどストレスを抱えている人は、精神的なメンタルの部分でのストレスが大きいと言われています。

体質を変えてみる

女性であれば、プラセンタサプリメントなど、女性特有のサプリメントを飲んでみると良いでしょう。体質も変わりますし、女性らしい体つきにもなります。冷え性や腰痛にも効果が期待出来ると言われていますから、プラセンタサプリメントに抵抗がなければ服用してみましょう。

カラーセラピーを取り入れる

ハーブティーやカラーセラピーなど、民間療法でも自律神経には期待を持つことが出来ます。副交感神経に働きかけ、リラックスを促すものが良いでしょう。ハーブティーは特に効果が期待出来ると言われていますから、有名なカモミールティーなどはオススメです。さらにカラーセラピーを受け、神経が過敏になっているところを抑制したり、ストレス緩和のための色を見つけると良いでしょう。

このように色々な自律神経失調症の民間療法を紹介してきましたが、それでもどうしても不眠が続く、ストレスが辛い、という場合は速やかに心療内科もしくは精神科を受診しましょう。よく眠れる薬や安定剤を処方してくれますから、不快な毎日から逃れることが出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick