// //
list

男性の更年期障害ってあるの!?症状と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

働き盛りの世代である男性でも、更年期障害というものはあります。更年期障害は何も女性特有の悩みや症状ではなく、男性でも更年期障害にかかる人は増えています。どのような症状が現れるのでしょうか?解決策はあるのでしょうか?

男性の更年期障害ってあるの!?症状と対処法

男性ホルモンのバランスの乱れによるもの

男性の更年期の原因として考えられるのは、ホルモンバランスの乱れです。ホルモンをコントロールする自律神経がうまく調節されずにホルモンバランスを崩してしまうので体に不調が現れてしまうのです。特に男性ホルモンの精巣テストステロンが関わってくることにより更年期障害が起こると考えられています。

薬でよくなる症状ではない

更年期障害は、薬を飲めば回復する、というものではありません。すぐに解消することは出来ず、薬も休み休み体を休めながら使っていくものです。ですから日常からのケアが大切になります。そのためにはまずは食事を見直しましょう。

亜鉛やカルシウム、ビタミンEなどは積極的に摂るようにし、食べ物から摂れないのであればサプリメントを利用しましょう。和食がオススメで、魚、大豆製品からたんぱく質を摂り、ビタミンやミネラルを海藻類で摂る必要があります。

なんとなくだるい、うつ症状が出てくる

男性の更年期は、なんとなくだるい、というような鬱的症状が出てくるのが特徴です。疲労かん、記憶力のあいまいさ、身体面でも体力の低下などがあげられます。男性の更年期の場合、悪くすると命に関係するとも言われていますから、早めにケアを行ったほうが良いでしょう。うつ病になった場合は周囲が見守り、病院へ行けるように促しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick