// //
list

朝に飲む、水の効果がかなり良い!その理由をまとめてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝に水を飲むと良い、とはよく言いますが、水の効果は一体どれほどあるのでしょうか?何故朝の水が良いのかを調べてみましょう。

朝に飲む、水の効果がかなり良い!その理由をまとめてみた

朝の目覚めにぴったり

まず、最も良く言われるのが朝だということが認識でき、朝の目覚めが良くなるということがあります。目覚めの1杯は便通を促し、便秘を解消します。また目覚めがよくなるので、体が覚せいし、動き出す準備が整います。

血液サラサラ作用も持っていますから、寝ている間の滞った血を一気に朝の水によってさらりとしたものに変えてくれます。生活習慣病予防にもなると言われていますから、朝の1杯の水は健康的で良いのです。

代謝アップで太りにくくなる?

水を飲むと太りにくくなると言われているように、朝の1杯の水は代謝をアップしてくれるので太りにくくなります。その後の朝食のエネルギー変換率もよくなりますから、体に脂肪がつきにくくなるのです。朝水を飲むことで胃腸も動き出し、脳の指令が伝わりますから、食欲もわいてきて、朝食も美味しくいただくことが出来るのです。

いつ飲む?どれを飲む?

いつ飲むかは、起きて直後が一番良いとされています。しかしむくみやすい人は水分の摂りすぎはNGなので、朝の1杯を入れて、1日トータル2リットルは超えないようにしましょう。また飲む水にしても、硬水と軟水がありますが、便秘気味の人なら硬水を、肌トラブルがある人は軟水を飲むと効果が期待出来そうです。たかが水、されど水、というところでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick