// //
list

驚かしてもダメな時のしゃっくりの止め方3つ

このエントリーをはてなブックマークに追加

しゃっくりが止まらなくて困る、という人は多いでしょう。プレゼンの席などでいきなりしゃっくりが出だしたら、もう大慌て間違いなしです。そんな時、しゃっくりを一発で止めることが出来れば嬉しいです。色々な方法を紹介しましょう。

驚かしてもダメな時のしゃっくりの止め方3つ

医学的に根拠がある?

人差し指を耳に入れて、30秒から1分時間の経過を待っていると、しゃっくりが止まるとネット上で話題になっています。医学的根拠もあるようですから、本当の話なのでしょう。しかも口コミで本当に止まった、というレビューを多数みることが出来ます。

その他の方法としては?

その他しゃっくりを止める方法は実に多岐にわたって存在しています。目を閉じて後ろ向きに歩くだとか、飛び跳ねる、息を止める、水を一気飲みする、くすぐるなどがあります。一度は体験したことのあるものもあるでしょう。しかし本当に確実に止めるにはどのような方法がベストなのでしょうか?

とにかく限界まで息を吸うことが大切

10秒かけて息を思い切り吸い込み、肺を空気で満たします。その後10秒前後息を止めてから、10秒前後かけてゆっくり息を吐き出します。その後、数秒かけて吸って、あとは楽にしておくとしゃっくりがとまると言われています。

これも耳鼻科の医師が指導したものであるので、効果は高いと言えるでしょう。本当に止まったという口コミがこちらにも見ることが出来ます。実際、自分に合った方法はどれかいくつか試してみると良いでしょう。本当に良いのはしゃっくりが起こらないことですが・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick