// //
list

唇の荒れは乾燥だけが原因ではない!口唇炎について

このエントリーをはてなブックマークに追加

唇が乾燥しているのは秋冬にかけて、空気が乾燥しているから・・・薬用リップクリームを塗ってもどうしても乾燥してカサカサになってしまう、という人はいませんか?それはもしかすると口唇炎という症状かもしれません。口唇炎であるかどうか、実際にチェックしてみましょう。

唇の荒れは乾燥だけが原因ではない!口唇炎について

間違ったリップケアによって口唇炎になる

リップケアを適切に行っていると思い込んでいると、かえってそれが間違ったケアで、リップの荒れを増長することになります。一般的なケアとしては舐めない、保湿、清潔をキープするという3つで唇の荒れは止まります。

口唇炎には色々な種類があります

口唇炎といっても様々なものがあり、アトピー性のものだったり、接触性口唇炎といって、歯磨き粉、洗顔や口紅などが唇に接触した際に起こる口唇炎というものがあります。

また外食が多かったり、ビタミンB2やB6が欠乏していると、黄色い皮がめくれることがあります。これを剥離性口唇炎と言います。無理に皮を引きはがす人はいないと思いますが、そのままにしておくと、自然に治っていくことが殆どなので、放置しておきましょう。

口唇炎ははちみつでケア出来ます

もっとも簡単なケア法として、はちみつを使う方法があります。唇の乾燥がいつまでも続いて、保湿やケアをしっかりしていても荒れが止まらない場合は、はちみつを唇に塗って寝るようにしましょう。はちみつパックをしても良いです。ビタミンB6も含まれるはちみつは皮膚のビタミンとも異名をとっているほど皮膚ケアには適切なものなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick