// //
list

肋間神経痛の考えられる原因について

このエントリーをはてなブックマークに追加

肋間神経痛は神経痛の中の1つですが、特に中高年の女性に多く発症するものとされています。肋骨あたりに激痛が走ることから肋間神経痛と呼ばれていますが、これは病名とは違います。一体何が原因で、どう対処すればよいのでしょうか?

肋間神経痛の考えられる原因について

肋間神経痛の原因とは?

肋間神経痛の一番の原因は、ストレスが溜まっていることのようです。イライラしたり、その状態が続いたりしていると肋間神経痛に発展すると言われています。また睡眠不足であり、冷え性であると神経に触れることになりますから、肋間神経痛を発症すると言われています。つまりストレスをためず、健康的な生活をしていれば無縁だと言うことです。

予防はストレス対策

肋間神経痛の原因はストレスが第一だと言いましたが、体の歪みも神経痛に関係があるので、整体で体の歪みを整えてもらうと良いでしょう。また、元凶であるストレスを発散することも必要です。ストレス解消法は人それぞれ違っても構わないでしょう。自分がストレス発散になる、と思えるものをすることで症状が緩和されるでしょう。

その他色々な原因があります

その他、単なる打ち身である可能性もありますし、ヘルニア、肋骨を骨折した、狭心症なども肋間神経痛の症状が出ます。ヘルペスウイルスに感染した、内臓疾患による痛み、神経の障害など、様々な原因が肋間神経痛とまとめて呼ばれています。ですから肋間神経痛が出たら、まず何が原因かを考える必要がありそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick