// //
list

脳が劣化しやすい人のNG習慣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

外見上は健康そうな人でも、実は脳が劣化している、というケースもあります。脳が劣化する原因やNG習慣は一体どんなものがあるのでしょうか?

脳が劣化しやすい人のNG習慣とは?

すぐにスマートフォン、パソコンという生活

何か困ったことや調べものがある場合、すぐにスマートフォンを持ち出したり、パソコンをつけたり・・・そんな生活を送っていませんか?それでは簡単に答えを見つけられるかもしれませんが、脳は劣化の一途をたどります。

自分で考える力が養われませんから、徐々に脳が劣化してくのです。あなたはすぐにスマホに頼っていませんか?そしてゲームなど単調なことを繰り返していませんか?それが実は脳の劣化に繋がっています。

新しい出会いがない、笑っていない

数週間、新しい出会いがなかったり、1日中笑ったことがなかったりすると、脳はそれだけ劣化します。脳は何歳になっても成長することが出来ますから、刺激を与え続ければ劣化することはありません。天気や夜空が美しければ空を見上げる、これだけでもキモチイイ、美しい、と感じることで脳の劣化を防ぐことが出来ます。

運動不足である

自宅と勤務先の往復のみの運動で、その他殆ど動いていないというケースは、脳が劣化しやすいNG習慣と言えます。やはり運動は体を健康に保つのに必要なものですから、ある程度は行ったほうが良いでしょう。一駅先で降りて、歩いて通勤する、など、ちょっとした工夫で運動不足を防ぐことが出来ます。

もしくは休日を利用してサイクリングなどを行うのも良いでしょう。新しい景色を見て新鮮だと感じることも脳の成長には必要なことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick