// //
list

痛みや炎症を引き起こす前に!巻き爪を回避する爪の切り方や対処方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

放置していると痛みや炎症を引きおこすという巻き爪。あなたの足の爪は大丈夫ですか?

正しい爪切りをしていると巻き爪にはなりませんが、下手な切り方をしていると巻き爪になってしまい、なかなか治りません。

いったんケアする方法、そして正しい切り方を紹介しましょう。

痛みや炎症を引き起こす前に!巻き爪を回避する爪の切り方や対処方法

巻爪とは?

巻き爪とは爪が内側へ湾曲していく爪の形で、詰めの両端が皮膚に食い込んでいるところがポイントです。

巻き爪は爪の遺伝的要素も含まれていますが、足の指にしっかり体重をかけない生活を送っていると巻き爪になるとも言われています。

ですから歩き方にも工夫が必要ですし、自然に正しい歩き方をしていなければ巻き爪になる可能性があるのです。

巻いた爪は切らないで!

巻き爪は切れば切るほど内側へ食い込んでくるので、いったん切るのをやめましょう。

そしてお風呂上りにはボディケアと共に爪ケアを行い、足親指の爪を柔らかく保ちましょう。

そのうえで、適切な切り方でケアをしていきます。

巻き爪があらかじめ伸びた状態でカット

足の爪のの切り方として最適なのは、まっすぐ切ることです。ラウンドでもなく、角は引っかからないよう同じ角度で切り、スクエア型にします。これが一番巻き爪にならない爪の切り方となります。

親指だけでなく、足の指全体がスクエアカットが良いでしょう。

うまく角が切れない、という場合はやすりを使って処理しましょう。一度巻き爪になってしまうとなかなか治りませんから、早めのケアが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick