// //
list

不眠症や昼間の眠気を改善する?注目される乳酸菌の効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちの周りで多くみられる菌と言えば、乳酸菌でしょう。ヤクルト、ヨーグルトなど多数の商品がありますが、一度や二度お世話になったことも多いと思います。

そんな乳酸菌には意外なパワーがあります。それが不眠症に期待出来ることと、昼間の眠気を防止することです。

今、乳酸菌に着目されているのはこの2つの定義からなっています。

不眠症や昼間の眠気を改善する?注目される乳酸菌の効果

腸内環境と整えると自然と眠気がやってくる

不眠症の患者は、大概は腸内環境が整っていないことが多く、さらにリラックス出来ずに眠っていることが多いようです。

乳酸菌を摂ることで大腸が健康になるので、大腸は第2の脳とも言われている存在ですから、その脳が健康になったことにより、健やかな睡眠が訪れることが期待出来ます。

セロトニンが分泌されるから

腸内の有益菌によってストレスが緩和されると、脳内にセロトニンという物質が放出されます。

このセロトニンは快楽物質とも呼ばれ、安心感をもたらしてくれますので、自然とリラックスすることが出来、睡眠にすぐに入ることが出来るのです。つまり大腸から脳へ刺激が伝わるのです。

リズム睡眠障害が起こって昼間眠くなる

昼と夜のサイクルが体内時計のリズムとあっていないと、眠りたいのに眠れない、起きていたいのに起きられない、という症状が出てきます。

こうなると日常生活に支障をきたしますから、年齢や病気などの場合は診断を受ける必要があります。

しっかり睡眠を夜とれているなら、昼間の眠気もやってこないはずですから、質の良い眠りを充分確保しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick