// //
list

本当は怖い口呼吸のデメリットと、鼻呼吸のメリットについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは鼻と口、どちらで息をしていますか?と問いかけると、どちらか分からない人が大勢います。それほど無意識に呼吸は行われていますが、注意してみてみると、口で呼吸する人、鼻で呼吸する人の2つに分かれます。

実は口呼吸にはデメリットが、鼻呼吸にはメリットがあります。今口呼吸をしている人はほぼデメリットしかない口呼吸をやめて、鼻呼吸に切り替えましょう。

本当は怖い口呼吸のデメリットと、鼻呼吸のメリットについて

病原菌をそのまま吸い込んでしまう

まず、口呼吸のデメリットとして、病原菌をフィルターを通さず直接体内に摂り込んでしまうということがあります。

鼻呼吸なら鼻毛などにシャットダウンされ、病原菌を吸い込まないように出来ているのです。

それを口呼吸ですると病原菌を招き入れているようなものですし、口渇の原因になり、粘つき、口臭や歯周病になる可能性が高まります。

唇が乾燥してパックリ

女性の場合、冬になるとリップクリームが手放せないという人は、口呼吸をしている可能性が大です。

唇がかさかさ乾燥しますので、乾燥のたびに塗る必要がありますし、もしケアしなければ乾燥のためにぱっくり割れ状態になってしまいます。

鼻呼吸のメリットは?

実は美容の面でも鼻呼吸は良いと言われています。

フェイスラインを整えてくれる作用もありますし、お肌のみずみずしさを保つので、肌が若々しい状態のままに保つことが出来ます。鼻毛はフィルターになりますから、病原菌もそこから奥へ入り込むことが難しくなりますから、病気知らずにもなれます。

あなたも口呼吸化も、と思ったら、鼻呼吸を意識して行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

Editor's pick