// //
list

長時間はリスク大!男性にとって腕枕が危険な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

付き合って間もないカップルの場合、彼氏が腕枕をして、彼女がそれに乗っかって・・・というラブラブぶりを見ることが出来ますが、実はその腕枕というものがリスクがあると知っていますか?ちょっとの間だけなら良いけれど、長時間の腕枕は危険なのです。

長時間はリスク大!男性にとって腕枕が危険な理由

橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)になってしまう

ベンチ、ソファに座っていて体重を片方の腕にかけて長時間テレビを見ていたら、腕がしびれてしまった、という経験は誰にでもあるかもしれません。しかしそのしびれが長時間にわたる、もしくはとれなくなってしまうのが橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)と呼ばれるものです。

橈骨神経は腕の神経の1つ

橈骨神経麻痺は神経が損傷して起こるものですが、実際に神経が切れたりしたわけではありません。

しかし圧迫し続けても内出血やあざなどが出来ませんから、橈骨神経麻痺になりかけている、なりそうだ、という余地も出来ないのです。

しかし放っておくと症状は深刻になりますから、早めのケアが必要となります。彼氏彼女でラブラブシーンも良いですし、夫婦でそんな関係になれると良いですが、腕枕は長時間行うものでないことをあらかじめ知っておく必要があります。

治療法はどんなものがあるのか?

基本的にはステロイド薬を内服する、運動療法を行うことで改善します。個人差はありますが、1か月から3か月で完治する人が多いです。

神経を損傷しているケースだと、長期間にわたって放置していると麻痺が完全にケア出来なくなることもありますから、数日麻痺が続いている場合は即刻クリニックへ通ったほうがよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick