// //
list

血液さらさら酢玉ねぎの効果UP技を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

酢玉ねぎは健康作用や血液サラサラ作用が大変良い、と言われています。

実際、リンゴ酢に塩少々、玉ねぎを用意して、スライスした玉ねぎをそのままリンゴ酢と調味料につけておくだけで完成する酢玉ねぎ、色々な効能がありそうです。最も理想的な食べ方やアレンジはどんなものがあるのでしょう。

血液さらさら酢玉ねぎの効果UP技を紹介

1日60gを食べると良い

酢玉ねぎは1日60gを目安に食べると良いでしょう。またミキシングした酢玉ねぎを凍らせると日持ちしますので、たくさん作った場合、ペースト状にした酢玉ねぎを凍らせて保存しておくのも良いでしょう。2か月はもつようです。

蒸し鶏肉と酢玉ねぎのサラダ風味、さっぱり美味しい

蒸したササミ肉を手でさいて、酢玉ねぎはそのまま使います。ササミと酢玉ねぎをあえて、お皿に盛るだけという超簡単レシピです。ササミはレンジでチンしても良いですし、ゆがいても良いでしょう。覚めてから割きましょう。

酢玉ねぎをたっぷり使い、ボリュームのあるサラダにしあげましょう。酢玉ねぎのお酢が効いていますから、ドレッシングいらずです。

酢玉ねぎトンカツを作ろう

トンカツだって、酢玉ねぎを使えばヘルシーになります。薄切りの豚肉を、2枚重ねて、塩コショウで味を調えたら、酢玉ねぎを上にのせて、くるくる巻いてはじを片栗粉などでしっかり留めます。そのまま油でカラリとあげればボリュームたっぷりのメインの出来上がりです。酢たまねぎもたっぷり食べることが出来、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick