// //
list

原因は腸下垂かも ぽっこりお腹の対策法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

下腹だけがぽっこり状態、そんな人はいませんか?スタイルよく見えるのに、何故か下腹だけが出ている・・・そんな人は内臓の下垂をチェックする必要があります。腸下垂とも言えます。

原因は腸下垂かも ぽっこりお腹の対策法とは

内臓が下がってしまう腸下垂の原因とは?

腸下垂してしまう原因は何なのでしょうか?まず、不規則な生活、消化吸収の遅れで内臓を動かしている筋肉が落ちていることが原因の1つと言えます。また無茶なダイエットにより内臓全体が筋肉で支えられていたのにそれがなくなるので、一度に下がってしまった、というケースもあり得ます。

腸下垂の症状は?

腸下垂かもしれないと思ったら、症状をチェックしてみましょう。食後、おへその下が膨らんだり、ガス、げっぷが多かったり、今まではそうでなかったのに急に冷え性になる、朝起きても疲れがたまったまま、というものがあります。

改善するにはどうする?

腸下垂を食い止め、元の位置に戻すには内臓を支える筋肉を鍛えることが有効です。ですからインナーマッスルを鍛えるようなトレーニングが必要となります。

そのために最も簡単なのは腹式呼吸です。インナーマッスルに働きかける最も簡単な方法です。

またストレッチとして仰向けに寝て、両ひざを立て、そのまま膝を揃えて右に倒します。その後、元に戻して左に倒します。これを繰り返すことにより、腸が正しい位置に戻っていきます。毎日続けることがポイントです。

また、あおむけに寝て、膝を立て、おへそから釣り上げられるように背中をあげて、ヒップに力を入れることで腸を正しい位置に戻すストレッチも効果的だと言われていますので、試してみると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick