// //
list

夏場は特に注意が必要 アデノウイルスの症状と対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

アデノウイルスとは実はインフルエンザの次に感染しやすいと言われるウイルス感染症なのです。インフルエンザは冬場に流行しますが、アデノウイルスは季節関係なく感染しますから小さな子供を持つ親は注意が必要です。

夏場は特に注意が必要 アデノウイルスの症状と対策

アデノウイルスの症状とは?

症状は風邪のような軽い症状のものから、肺炎や結膜炎など重症化することもあります。

また下痢、扁桃腺が腫れるなど、個人差がありますので、どれがアデノウイルス特定のものか、という判断が非常に難しい病気でもあります。

アデノウイルスを楽観視出来ない理由とは

アデノウイルスは実はそれ自体は風邪程度の軽い感染症だと言えますが、本体が引き起こす感染症のほうが恐ろしいと言われています。

まず気管支炎になる可能性があります。胸がゼイゼイいうような、ヒューヒューする呼吸であれば、気管支炎を疑う必要があります。

もし、気管支炎を見逃すと、肺炎になるケースもあります。ベビーが特になりやすく、心筋炎なども発症すると言われている危険な状態です。

自宅でケアする場合は?

アデノウイルスにかかると、感染症なので、完治するまでは保育園や幼稚園に行くことは出来なくなります。

ですから必然的にママが看護することになりますが、まず常温の水分をたっぷり与えること、食事はおかゆ、うどんなど消化のよいものがベストですが、食べられない場合はゼリーやプリン、アイスクリームでもOKです。あとは安静にさせておくだけですが、1度は必ず受診をして、アデノウイルスであることを判明させておきましょう。

そしてアデノウイルスからほかの感染症に移らないように注意をしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick