// //
list

なんで?セルライトが痛い原因と除去方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

セルライトは脂肪の塊と考えれば良いでしょう。皮膚表面まで及んで凸凹としたものを作り出してしまうものですが、トリートメントを行うことによってセルフケアも出来るのがセルライトなのです。

なんで?セルライトが痛い原因と除去方法

セルライトを触るだけで痛い?

何故かトリートメント前、セルライトをつまむだけでもう痛い、という人がいます。

それっていきすぎて病気なのでは、と思う人もいるようですが、実はセルライトは老廃物やリンパ液、脂肪細胞が入り組んだ状態で出来ているので、それをつまむことによって色々な組織がダメージを受け、痛いと感じてしまうのです。

病気などではありませんから、安心しましょう。

痛みをまずは取ってから

セルライト除去のためにはまず痛みを取ってから行いましょう。そのためにはリンパトリートメントが効果的だと言われています。皮下脂肪を燃焼させ、セルライト部分をチェックするのです。

リンパのめぐりをよくして、脂肪組織のみにしてやると、セルライトだけが凹っと出てきますから、ケアしやすくなりますし、どれだけ繊維が絡みついているのかもわかります。

実際に除去するにはどうしたらいい?

実際に除去するには定期的なトリートメントで脂肪組織をどんどん流すことに意味があります。

よくつぶす、と言いますが、セルフケアでセルライトをつぶすのは難しく、サロンに行かねば難しいでしょう。

太ももなどは特に裏側などはセルライトのたまり場ですから、トリートメントオイルなどを使って太ももやヒップの凸凹をもみほぐすようにトリートメントをしてケアを行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick