// //
list

知らぬ間にうつ病に 突然の動悸やめまいは要注意!

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然動悸、めまいが襲ってきて、フワッとして怖い思いをした、という人も中にはいるかもしれません。 実際、そのようなことが続くと、それはうつ病のサインかもしれませんから、早めに治療を受けたほうがよいでしょう。 もし精神科へ行って何事もないのであれば、それはそれで安心出来ますし、他の原因を探ることが出来ます。

知らぬ間にうつ病に 突然の動悸やめまいは要注意!

耳鼻科で改善するめまい

うつ状態に陥ると、耳鳴り、めまい、動悸などが突然発症することがあります。

うつ病患者であると自覚があるなら、それも受け止めることが出来ますが、社会人の大多数の人々は精神科のお世話になったことがないようですから、突然の出来事にビックリします。心因性のめまいというものもありますから、耳鼻科などを受診すると良いでしょう。

うつ病の動機やめまいは耳鼻科では治らない

うつ病患者であれば、動悸、めまいは専門機関の精神科でしか対処出来ませんから、まず耳鼻科へ行って何事もないという場合、心因性を考えて精神科を受診すべきでしょう。

そこで抗不安薬やパニックを抑える薬をもらうと、動悸やめまいの時に対処することが出来ます。

うつ病は実は効果的な薬がないのが事実

うつ病の研究は進んではいるのですが、なかなか効果的な薬が出来上がっていないのが現実です。

しかし、現代医学の上からチェックすると、発症から発見が早ければ、およそ3年で日常生活に戻ることが出来る病気だと言われるようになってきました。

社会復帰も可能になり、うつ病の時期にしっかり治しておけば完治も考えられる病気の1つとなっていますので、悲観的にならずに精神科を続けていれば治ると気を確かに持ちましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick