// //
list

寝ないと臭くなる?体臭と睡眠不足の関係性

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは充分睡眠をとっているほうだと感じていますか?睡眠不足と体臭は何の関連性もなさそうに見えますが、寝ない人は体臭が酷くなると言われています。一体何故なのでしょうか?

寝ないと臭くなる?体臭と睡眠不足の関係性

胃腸、肝臓の機能の低下

睡眠不足は脳にとっても内臓にとってもかなりダメージを与えるものだと思っておきましょう。それが続くと、よっぽどのダメージが蓄積され、体にもそれが現れてきます。それが体臭です。

肝臓は毒素を分解するところですから、ここが弱ってしまうと体臭が発生します。また皮脂腺が活発になり、皮脂量が増え、皮脂が酸化して体臭が強くなるのです。

活性酸素もニオイの原因に

ストレスもたまると睡眠不足の原因になりますが、その場合活性酸素も発生します。活性酸素をうまく浄化することが出来ませんから、体臭として現れます。

また睡眠不足は唾液不足にも繋がりますから、口臭がキツくなる可能性もあります。不規則な生活はさらにストレスに拍車がかかりますから、是非とも改善したいものです。

体臭で亜鉛不足が分かる

また、亜鉛が体内で不足すると体臭が起こると言われています。ワキガなどのニオイの原因になるものが発生します。うつ病など精神的な病気も体臭が起こる可能性がありますから、その点でも考えておきましょう。

もし体臭が自分でも感じるほど酷い場合は睡眠不足を疑いましょう。しっかり睡眠をとり、目安として大人で7時間は眠りを確保しましょう。

そしてクエン酸を積極的に摂ることで体臭を緩和しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photo by 
fotolia 

おすすめプロモーション記事

あわせて読みたい関連記事

Editor's pick